ACRE (アクレ) 品番:246/264 ライトスポーツ ブレーキパッド 1台分セット ディアマンテ F46A / F47A (4WD) 95.3~05.12


 >  > ACRE (アクレ) 品番:246/264 ライトスポーツ ブレーキパッド 1台分セット ディアマンテ F46A / F47A (4WD) 95.3~05.12

古河バッテリー FBSP デュトロ PB-XZU301E 2003- 品番:75D23L×2 1台分

TAKADA HONZAN SENJUJI TEMPLE [ホイール1本(単品)] AME / MODELART BRAZZER (BKF) 20インチ×10.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:28 > ひとくち法話 > 35~44話 ―高田派―

ACRE (アクレ) H433 品番:246/264 ライトスポーツ ブレーキパッド 1台分セット ディアマンテ F46A / F47A (4WD) 95.3~05.12 ミラ

ひとくち法話一覧
1~9話 にんげん 10~15話 三尊仏 16~27話 真宗の教え
28~34話 七高僧 35~44話 高田派 45~69話 親鸞聖人のご生涯
70~83話 お釈迦様のご生涯 84~92話 聖徳太子 93~102話 諸法会
103~110話 四苦八苦 111~122話 こころ 123~137話 真宗のことば
138~141話 迷信 142~147話 感動 148~152話 おまいりの心
153~ 聖人のおことば




品番:246/264 95.3~05.12 ブレーキパッド 1台分セット (アクレ) / ACRE 95.3~05.12 F46A ディアマンテ (アクレ) F47A (4WD) ライトスポーツ

第35話 一光三尊仏(いっこうさんぞんぶつ)

 親鸞聖人(しんらんしょうにん)のご一生をたずねると、信心の大事な転機には必ず「夢」の話がでてきます。「夢のような話」といえば、現実離れしたの出来事の意味になってしまいますが、聖人の夢は「夢告(むこく)」という表現で語られています。
 夢を媒介として仏さまが聖人におっしゃる。もう一歩信心を深めて申すなら、聖人自身が仏さまですから、夢告は仏さま同士のお話ということになります。これを「仏々相念(ぶつぶつそうねん)」といっています。
 一光三尊仏という尊像は、本寺(ほんじ)(栃木県真岡市高田)のご本尊です。聖人53歳の時「夢告」によって信州信濃の善光寺からお受けされました。
 私たちは、この尊像を拝して「阿弥陀仏のお心がどこまでも『われらごとき凡夫(ぼんぶ)のすくい』にあることのお示しである」と伺うことが大切です。すなわち「すべての衆生を浄土に救う」とのお約束はあっても、教えだけでは理解が不十分だから、阿弥陀仏の「慈悲(じひ)の心」を観音菩薩(かんのんぼさつ)と立たれ、「智慧の心」を勢至菩薩(せいしぼさつ)とあらわされて、かたちにまでお示しになり、凡夫の思いが深まるようにとのおはからいが三尊仏となってくださったと思えるのです。
 『仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)』には「仏心(ぶっしん)というは、大慈悲これなり」と説かれ、『浄土和讃(じょうどわさん)』には「念仏のひとを摂取(せっしゅ)して 浄土に帰せしむるなり 大勢至菩薩の 大恩ふかく報ずべし」と教えられています。

ひとくち法話No35 ―高田派1― より

第36話 本寺と本山(ほんじとほんざん)

 わが高田派には、他派にはない特別な歴史があります。それが、本寺と本山と言うふたつの専修寺(せんじゅじ)です。
 親鸞聖人(しんらんしょうにん)が流罪(るざい)を解かれて関東に行かれたのは42歳(1214)でした。以後60歳を越えて京都に帰られるまでの約20年間を関東で布教活動をされました。中でも53歳の時の夢告によって本寺(栃木県真岡市高田)を建立し、一光三尊仏を信州の善光寺からお迎えしてからは、ここを念佛弘通(ねんぶつぐつう)の拠点として後半の10年間をすごされました。聖人が帰洛されてからは、第2世真仏(しんぶつ)上人、第3世顕智(けんち)上人が中心となって関東で最大と言われる高田門徒を継承されたのでありました。
 第10世の真慧上人は、関東だけでなく東海北陸に教線を拡げられました。特に伊勢の念仏者たちの懇請(こんせい)にひかれて、ここ津市一身田(いしんでん)に大伽藍(だいがらん)を建てられました。それが現在の本山です。
 その後1526年に本寺の専修寺が兵火のために焼失したこともあって、第12世堯慧上人以降は一身田に住まわれて今日にいたっています。そのため、現在では栃木県の専修寺を本寺と HAWNER DESIGN W07 ホイール 4 本 一台分セット 17インチ 7.5J+47 5H112 5穴 スパーシルバーペイント JAPAN三陽 ハウナーデザイン W07、一身田の専修寺を本山と称して区別しています。
 本山の御影堂(みえいどう)は木造の建造物にしては京都の東西本願寺に匹敵し、全国でも五指に入る規模といわれています。大昔のこと、こんな伊勢の地にこれほどの大伽藍が建立されたことは、大きな驚きです。お念仏の教えこそが、ただひとつの浄土への道であるというわれらの祖先の深い信心のあかしでありましょう。

ひとくち法話No36 ―高田派2― より

第37話 高田本山の法宝物(たかだほんざんのほうほうもつ)

 私たちの「真宗高田派本山 専修寺(せんじゅじ)」には、親鸞聖人にかかわる法宝物がたくさん残されています。
 親鸞聖人直筆の『三帖和讃(さんじょうわさん)』や『西方指南抄(さいほうしなんしょう)』等は国宝です。重要文化財としては、著書関連の他に只今大修理を行っている建物の御影(みえい)堂や美術品など計20数点に及びます。この他、三重県や津指定の文化財も史跡も多くあります。
 高田本山にはなぜこんなに多くの法宝物があるのでしょうか。
 高田派は、聖人が関東の高田に本寺専修寺を建立されたことがはじまりで、直弟子の真仏上人や顕智上人が「真宗の法義」を正しく相続されて関東最大の教団となりました。したがって、その当時の法宝物が当然のことながら高田派にこのように多く残されているのです。
 そして第10世真慧上人がここ伊勢一身田に本山を移されたときに法宝物も一緒に移されたのです。
 以上の法宝物はいわば「形のある財産」ですが、その中には真宗の教えが流れていることを忘れてはなりません。いずれも、真宗のお念仏を後世に伝えるためのものであり、また750年の歴史の中では、善知識(ぜんちしき)をはじめ多くの先輩やお同行たちがこれを守ってこられました。私たち現世に生かされる者は、この法宝物とそのご法義を後世に相続しなければならない義務があると思います。

ひとくち法話No37 ―高田派3― より

第38話 念仏高田(ねんぶつたかだ)

 高田派の宗風をいいあらわす言葉のひとつに「念仏高田」があります。みんなに親しまれている「不退(ふたい)のくらいすみやかに」の和讃の中に「弥陀(みだ)の名号称(みょうごうしょう)すべし」という一行がありますが、この心をいいあてた言葉でしょう。
 親鸞聖人は、真宗のすくいを「念仏成仏 これ真宗(ねんぶつじょうぶつ これしんしゅう)」とのべられました。「凡夫(ぼんぶ)である私たちがほとけになる道はただひとつ、他力の念仏による」との教えです。
 念仏を申すといっても、普通一般には「自分の願いごとがかないますように」とか「罰があたりませんように」などと、心の中で自分の都合のよいことを考えて、その実現を願いながら口でもナモアミダブツを称えていますが、これは欲の念仏、勝手な念仏、呪文の念仏といって、間違った念仏理解だと聖人はきびしくいましめられました。
 そして、同じ念仏でも真宗は他力の念仏です。他力とは 【店舗取付サービス】【N BOX スラッシュ JF1/2 ブレス】N BOX スラッシュ JF1/2 フロントグリル 塗装済み品(2色塗分けまで) プレミアムイエロー・パール?、ほとけさまのおはたらきです。ほとけさまが「われにまかせよ。われを信ずるものは必ず救う」と約束された。その私たちへの呼び声がナモアミダブツだと聖人は明かされたのです。
 だから、わが高田派に「念仏高田」という宗風があるといわれることは、この聖人がおっしゃる正しい「他力の念仏」に立った教団ということでありましょう。
 私たち、この高田派に身を置く者にとっては、

、常にこの大事な伝統の教えに立ち返って、「弥陀の名号称すべし」とほとけの呼び声を聞いていくことが大事であります。

ひとくち法話No38 ―高田派4― より

第39話 文類偈(もんるいげ)

 私たち高田派の勤行は、お朝事は「帰命無量寿如来(きみょうむりょうじゅにょらい)」の『正信偈(しょうしんげ)』です。お夕事は『文類偈(もんるいげ)』の「西方不可思議尊(さいほうふかしぎそん)」です。みなさん幼い頃に、お夕事は家族が仏前に座って、大きな声でゆっくりと節をつけて「西方不可思議尊」を勤行した記憶はありませんか。「私は正信偈より文類偈の方を早く覚えてしまいました」というお方の話を聞いたことがあります。現在でも私たち高田派の者は、たいてい『文類偈』を諳んじています。
 真宗十派のうちで、毎日の勤行に『文類偈』を申すのは、わが高田派だけですから、このこともわが派の伝統の一つに挙げることができるでしょう。
 両偈文とも1行7字で120行という構成です。教えの内容は、共に"信心の偈(しんじんのうた)"ですから同じです。それなのになぜ『正信偈』は朝に、『文類偈』は夕べに勤めるのでしょう。『正信偈』は、聖人が栃木の高田専修寺でご生活の頃に著された『顕浄土真実教行証文類(けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい)』の中で書かれたものであり、『文類偈』は晩年に書かれた『浄土文類聚鈔(じょうどもんるいじゅしょう)』の中に出てきます。そこで、後で書かれたものを夕事に勤めるようになったというのです。
 『文類偈』は「西方」で始まっています。西方極楽世界(さいほうごくらくせかい)〔観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)〕といわれるように仏教では西方は、阿弥陀如来の仏国土を指します。自然界でも西方は太陽が沈みゆくところであり、夕焼けの情景は私たちに絶対の安息を約束する世界のようです。これは人間の純粋感情と申してもよいでしょう。
 聖人が、西方から筆を染められたところに『文類偈』の深いお心を汲み取ることができるようです。お夕事にはぴったりの偈文です。

ひとくち法話No39 ―高田派5― より

第40話 御書(ごしょ)

 私ども真宗高田派では、お寺やお同行のおうちで勤行〔おつとめ(ごんぎょう)〕をすると、最後に必ず『御書』を拝読します。
 『御書』という呼び方は、お便りを書かれたお方が親鸞聖人や高田派歴代の上人なので、敬って『御書』の一字をつけて『御書』と申します。
 私ども高田派の『御書』は、第14世堯秀(ぎょうしゅう)上人によって編集されたのがはじまりで、巻一から巻七まであり、それに『報恩講御書』を加えて、全部で83通が納められています。
 東西本願寺の御文、御文章が蓮如(れんにょ)上人というおひとりが書かれたものであるのに対して、「御書」は親鸞聖人をはじめ真慧上人(第10世)以降の歴代上人方が書かれたお便り(弟子やお同行へのご消息)で成り立っているのが大きな特色です。
 よく「高田の『御書』はありがたいですね」と言われるのは、このような内容の違いからであろうと思われます。
 ご承知の通り親鸞聖人は晩年に京都から関東のお同行や弟子たちにこまめにお便りを書かれており、また歴代の上人方もお便りの中へ親鸞聖人のお聖教(しょうぎょう)を引用されて、私どもにわかりやすくお示しくださっていることは、誠にありがたいことです。
 文章の終わりに「あなかしこ」で結ばれているのは「ああ恐れ多いことです。勿体ないことです。」との領解のこころをあらわした言葉です。

ひとくち法話No40 ―高田派6― より

第41話 野仏と野袈裟(のぶつとのげさ)

 中興上人(ちゅうこうしょうにん)と仰がれている真慧上人(しんねしょうにん)(第10世)は伊勢の地を精力的にご巡教(じゅんきょう)されて、沢山の寺院や念仏道場を作られました。そして布教の重要な手だてとして「野仏」と「野袈裟」という葬儀式の要具を下付けされました。
 「野仏」は今でも「野仏さん」と敬称されている阿弥陀如来のお軸で、死者の枕元にかけ、葬列のときには箱に入れて棺の前を歩く習わしになっていました。このことは、阿弥陀如来のお導きでお浄土に往生するということのお示しです。
 また「野袈裟」が使われる以前は死骸を村境の墓地に置いてくるだけで、せいぜい土をかぶせる程度だったので、腐乱した死体を鳥獣がつつく光景が人々に地獄を実感させました。真慧上人はこれでは、死者に申し訳ないことと、真宗の教えから「野袈裟」を遺骸の上にかけ、やすらかな死後の往生を念じられたのです。
 当時の「野袈裟」は縦1メートル20センチ、幅40センチの絹3枚を横につないだ大きさで、その中央に「南無阿弥陀仏」、その周囲に経文を記したものでした。
 このように「野仏」も「野袈裟」も阿弥陀如来さまは、亡くなった方に、どこどこまでもついて離れず [Projectμ] プロジェクトμ テフロンブレーキライン スチール/グリーン RVRN74WG N64WG N71W N61W、お浄土までお導き下さるということを形をもってお示し下さっているのです。この伝統は高田派だけに遺されているもので、念仏者の願いを如実に具現化してくださった真慧上人のご功績であります。

ひとくち法話No41 ―高田派7― より

第42話 証拠の如来(しょうこのにょらい)

 如来堂(にょらいどう)のご本尊(ほんぞん)は、「証拠の如来」といわれています。
 第10世真慧(しんね)上人の時代のこと、本願寺(ほんがんじ)の中興上人といわれている蓮如(れんにょ)さんが、教団を拡張する手段として「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」という名号を同行に配っていました。しかし、同行の中にはこの「無碍(さしさわりのない)」という意味をはきちがえて「この名号を称えておれば、どんな悪事を働いても、往生の障りにはならぬ」といって、集団で乱暴するものがでてきたのです。そして蓮如さんも押さえがきかなくなりました。そこで真慧上人が比叡山に登って無碍光如来の正しい意味を説明し、7日間に亘って真宗の正意を講ぜられましたところ、その博識(はくしき)、弁舌に加えて確かな正意安心(しょういあんじん)に全山の僧侶が感動し、親鸞聖人の再来ではないかとうわさされたといいます。そして、わが高田派こそ真宗の教えを正しく受け継ぐ教団であるといい プロジェクトμ TYPE HC+ セイバー UA4(USA) 98.10~ リア用、その証拠にと慈覚(じかく)大師一刀三礼の阿弥陀如来尊像を真慧上人に献じられました。このことが「証拠の如来」といわれる由縁です。
 のちに上人は『顕正流義鈔(けんしょうりゅうぎしょう)』を著して、色々な邪義をくだいて一流の正義を明かされました。
 親鸞上人は「無碍というは、如来のおはたらきは衆生の煩悩や悪業に障えられることがない」からだと解説しておられます。
 古来から、わが高田派は、真宗の法灯集団だといわれていますが、この証拠の如来にまつわる史実もまた、その証のひとつともいえます。

『高田山証拠如来縁起』より ひとくち法話No42 ―高田派8― より

第43話 法脈(ほうみゃく)

 わが高田派を「法脈」の教団といっています。法脈とは、真宗の教え(法)を「一器の水を一器に移す」ように 、正しく継承していくことを第一義とする教団という意味です。
 親鸞聖人は栃木県高田に念仏道場(一光三尊仏のお寺)を建立され、ここを拠点にして布教に専念されました。京都に帰られてからは直弟子の真仏上人(しんぶつしょうにん)(第2世)、顕智上人(けんちしょうにん 第3世)が高田教団を相承されました。そして、本山を一身田に移された真慧上人(しんねしょうにん)(第10世)は御書の中で、「肝要は、阿弥陀如来の願力不思議を聞きえて、名号(みょうごう)を唱うべきなり。これ相承直説(しょうじょうじきせつ)なり」と他力信心のこの一点を押さえてご教示なさいました。
 この真慧上人については、「証拠の如来」のお話(第42話参照)があります。訳あって正しい真宗の教えを比叡山で講義されたとき、上人を『親鸞聖人の再来ではないか』と全山の僧侶が讃歎されたといいます。
 また、堯朝上人(ぎょうちょうしょうにん)(第15世)が幕府の命令に抗して宝法物を死守された事件も、法脈の伝統を天下に示された尊い歴史でもあります。
 このような歴代上人の法脈教団としてのお導きは、現在のご法主(第24世)にも受け継がれ、「ひろめよう 念仏のこえ」「深めよう 恭敬(くぎょう)のこころ」と戴くばかりです。
  弥陀の本願信ずベし 本願信ずる人はみな
  摂取不捨(せっしゅふしゃ)の利益(りやく)にて 無上覚(むじょうかく)をばさとるなり

『正像末和讃 夢告讃』より ひとくち法話No43 ―高田派9― より

第44話 ほっとするに!寺内町(ほっとするに!じないちょう)

 一身田(いしんでん)の町の電柱に「ほっとするに!一身田町」という看板があちこちに見られます。
 一身田の町のことを「寺内町」と言います。寺内町とは大きなお寺を中心に形成された町で、日本の中でも原形を止めている寺内町は数カ所あるあるだけで、一身田は数少ない貴重な寺内町なのです。この寺内町が成立したのは天正8年(1592)頃だと言われ、本山を中心にして tanabe タナベ ダウンサス サステック NF210 リアのみ マークII GX105 1G-FE 1996/06~2000/10 送料1620円(税込) ※北海道・沖縄・離島は送料別途、本山へ参詣する人たちに土産物や仏具を売ったり、本山を警護する人や本山の建築物などを保全する役職人が住まいしていました。遠方から参詣する人のために旅籠(はたご)も軒を並べていました。
 寺内町の周囲には「環濠(かんごう)」という堀で防衛された、自治都市であったのです。現在もこの「環濠」が完全な形で残っているのは、この一身田だけです。
 16世紀頃に出来た寺内町も4~5世紀を経て今日を迎えましたが、昨今はこの町を再び賑やかにしようと、毎年11月に「寺内町まつり」というイベントをして、市や文化財関係者や地元の商工会等によって多彩な行事が行われていることは高田本山にとっても歓迎すべきことでしょう。
 しかし、この寺内町がほんとうに「ほっとする」町になるためには、本山にお参りする人が増え、お念仏の声が高まるよう、教団・住民ともどもに精進する課題にとりくまなくてはなりません。

ひとくち法話No44 ―高田派10― より

Copyright ©ACRE (アクレ) 品番:246/264 ライトスポーツ ブレーキパッド 1台分セット ディアマンテ F46A / F47A (4WD) 95.3~05.12 All Rights Reserved. c 2002-2019 真宗高田派 All Rights Reserved. Since 2002.5.9

専修寺写真集

高田本山の歩みがわかるパンフレットが新しくできました。 専修寺の文化財建造物や宝物を、

ACRE (アクレ) 品番:246/264 ライトスポーツ ブレーキパッド 1台分セット ディアマンテ F46A / F47A (4WD) 95.3~05.12

、写真付きで解説しています。

販売価格 1,000円(税込)

その他の刊行物を見る >>

真宗高田派宗務院
〒514-0114
三重県津市一身田町2819番地
電話:059-232-4171
FAX:059-232-1414


{yahoojp} {senjuji.or.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-75055