>  > 205/70R15 96H HIFLY ハイフライ HF201 エイチエフ ニイマルイチ G.speed G-04 Gスピード G-04 サマータイヤホイール4本セット
【送料無料】 205/45R17 17インチ BRIDGESTONE ブリヂストン エコフォルム CRS/161 7J 7.00-17 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第19回

205/70R15 96H HIFLY ハイフライ HF201 エイチエフ ニイマルイチ G.speed G-04 Gスピード G-04 サマータイヤホイール4本セット

2018.05.01

海外進出で成果を出せず、国内でも圧倒的人気を誇るiPhoneを有するアップルに押され苦戦が続いている国内のスマートフォンメーカー。どのような策をもって厳しい市場を生き残り、挽回しようとしているのだろうか。今回は「Xperia」ブランドで知られる、ソニーモバイルコミュニケーションズの事例を取り上げる。

205/70R15 96H HIFLY ハイフライ HF201 エイチエフ (95/9~) ニイマルイチ G.speed ホイール4本セット【DUsum18】 G-04 Gスピード G-04 サマータイヤホイール4本セット

日本のスマートフォンメーカーはいま、非常に厳しい状況に立たされている。海外で大きな成果を出せておらず、規模では韓国サムスン電子や米アップルなどに敵わないのに加え、頼みの綱の国内でも、圧倒的なiPhoneの人気によって存在感を大きく落としているというのが実情だ。

そうした非常に苦しい状況下で、国内メーカーはどのような戦略をもって、スマートフォン市場での生き残りをかけようとしているのだろうか。まずは「Xperia」ブランドで知られる、ソニーモバイルコミュニケーションズの戦略について解説しよう。

ソニーモバイルの「Xperia」シリーズの最新機種「Xperia XZ2」(国内発売は未定)。4K HDR撮影ができるカメラと3Dガラスを用いた新しいデザインが特徴だ

ソニーモバイルがスマートフォンで最も力を入れているポイントはカメラである。ソニーモバイルの親会社であるソニーは、デジタルカメラやビデオカメラで高いシェアを持ち、なおかつスマートフォンなどデジタルカメラに欠かすことのできない、イメージセンサーの世界最大手であることから、Xperiaシリーズはそうしたソニーグループの強みを生かし、最先端のイメージセンサーとソニーのカメラ技術をふんだんに取り入れ、他社にはないカメラ機能を実現しているのだ。

ここ最近のXperiaシリーズのスマートフォンを見ても、その傾向は顕著だ。例えば最近発表された「Xperia XZ2 Premium」(国内発売は未定)を見ると、Xperiaシリーズのハイエンドモデルとして初めて、モノクロとカラーの2つのイメージセンサーを用いた、デュアルカメラ機構を採用しているが、単に背景をぼかした撮影をするために、デュアルカメラを搭載した訳ではない。

実際Xperia XZ2 Premiumでは 【送料無料】 195/50R16 16インチ MANARAY マナレイ ユーロスピード G10 6J 6.00-16 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】、モノクロのセンサーで取得した輝度情報に、カラーセンサーの色情報を、「AUBE」と呼ばれる独自の画像処理プロセッサーでリアルタイムに合成。それによってISO感度が静止画撮影時に51200、動画撮影時も12800と、非常に高い感度を実現しているのである。

ISO感度が高いということは、それだけ暗い場所でも明るく撮影でき [CUSCO] クスコ ロールケージ D1 8点式 定員2名 逃げ インプレッサWRX GC8 1996年09月~1997年08月 EJ20 2.0T 4WD アプライドD 2ドア サンルーフ無 ※北海道は送料7128円(税込) 沖縄・離島は着払い ※個人宅発送不可、車屋宛のみ、手ブレの影響も受けにくいことになる。静止画撮影時であればこれを上回る機種も出てきているものの、動画撮影時のISO感度がこれほど高い機種は他にない。そうした意味でも、Xperia XZ2 Premiumのカメラ性能がいかに高いかを見て取ることができるだろう。

「Xperia XZ2 Premium」と同じカメラと画像処理プロセッサーを用いた端末で、暗所で動画撮影をしている所。静止画だけでなく、動画撮影時にここまで明るく映し出せるのは驚きだ

ハイエンドに注力もスピード感の遅さが大きな課題

そしてもう1つ、ソニーモバイルの戦略として特徴的なのは、付加価値が高い高性能モデルのみを投入していることだ。国内ではXperiaシリーズのハイエンドモデル「XZ」シリーズのみが投入されているが、海外で投入されているXperiaシリーズのミドルクラスのモデル「XA」シリーズも、カメラを中心として比較的高い性能を備える「スーパーミドルレンジ」と位置づけられている。

海外で販売されているXperiaシリーズのミドルクラスのモデル「Xperia XA1」。ミドルハイクラスの性能を持ち、2300万画素のカメラを搭載する

そうした戦略を取るに至ったのには、2014年に携帯電話事業で巨額の赤字を計上し、ソニーの経営をも大きく揺るがしたことが大きく影響している。この時期は、中国メーカーが新興国市場を中心に、低価格を武器としてスマートフォン市場で急速に台頭した時期でもあり、当時低価格モデルの販売を伸ばそうとしていたソニーモバイルは、その影響をもろに受けて販売不振に陥ったのだ。

そこでソニーモバイルは低価格モデルの提供を止め、自社技術で勝負しやすい高付加価値モデルに注力、数を追わない方針を打ち出し、現在に至っている。だがその影響は決して小さいものではなく、同社のスマートフォン出荷台数は年々減少。2015年には3000万台近い出荷台数を誇っていたのが、2017年には1370万台と半分以下にまで落ちており、世界的に見ても存在感を大きく失ってしまっているのが実情だ。

だがそれでもなお、ソニーモバイルは販売伸び悩みの傾向が止まっておらず、それだけ課題を多く抱えているというのが正直な所だ。中でも大きいのは市場トレンドを的確に捉え、柔軟に対応するスピード感に欠けることである。

実際、他社が1、2年前に実現しているデュアルカメラ機構や縦長ディスプレイなどをキャッチアップしたのは、Xperia XZ2シリーズでようやくといったところ。顧客のニーズに応えた製品をタイムリーに投入できず、ハイエンド市場でもユーザーの心を捉えられていないことが、非常に大きな課題として突き付けられているのだ。

日本で現行の最新モデル「Xperia XZ1」。昨年末時点でも縦長・狭額縁ディスプレイやデュアルカメラなどのトレンドに追従できておらず、古臭さがあるとの評価も多かった

その傾向は日本市場の動向からも見えてくる。最近はMVNOやサブブランドなどの台頭によってミドルクラスのスマートフォンの販売が急速に伸びているが、ソニーモバイルはハイエンドモデル重視の姿勢にこだわるあまり、急進するミドルクラスへの対応が明らかに手薄となっている。そのため「AQUOS sense」でこの分野に力を入れ始めたシャープに、国内メーカーとして出荷台数トップの座を明け渡すに至っているのだ。

ソニーモバイルはソニー譲りの技術面で多くの強みを持っているものの、それが消費者の購買へとつなげられなければ意味がない。国内だけでなく、ブランド力が決して強いとは言えない海外での販売を回復させるためにも、市場トレンドをいち早く取り入れるスピード感こそが、ソニーモバイルにいま強く求められている。

ソニーモバイルの「Xperia」シリーズの最新機種「Xperia XZ2」(国内発売は未定)。4K HDR撮影ができるカメラと3Dガラスを用いた新しいデザインが特徴だ
「Xperia XZ2 Premium」と同じカメラと画像処理プロセッサーを用いた端末で、暗所で動画撮影をしている所。静止画だけでなく、動画撮影時にここまで明るく映し出せるのは驚きだ
海外で販売されているXperiaシリーズのミドルクラスのモデル「Xperia XA1」。ミドルハイクラスの性能を持ち、2300万画素のカメラを搭載する
日本で現行の最新モデル「Xperia XZ1」。昨年末時点でも縦長・狭額縁ディスプレイやデュアルカメラなどのトレンドに追従できておらず、古臭さがあるとの評価も多かった

活字・写植・フォントのデザインの歴史 – 書体設計士・橋本和夫に聞く 第28回

G.speed Gスピード エイチエフ 205/70R15 ニイマルイチ HIFLY G-04 G-04 G.speed HF201 サマータイヤホイール4本セット 96H ハイフライ エイチエフ

2019.04.30

1963年(昭和38)以降1995年までのあいだ、写研で開発したほとんどの書体の監修をつとめてきた橋本和夫さん。その文字制作について、あらためて聞く第3回。今回は、フィルム原字についてまとめたい。

フィルム原字

写研では、紙に鉛筆で原字をスケッチし、原字用紙上で墨入れを行って80%ぐらいまでの完成度にしたあと、撮影してポジフィルムにした(ポジフィルム時点での原字サイズは48mm角)。

「墨入れまでは、紙で行います。墨入れを終えた原字は、一部屋まるまるつぶれるぐらいの大きさの工業用の写真装置を用いて撮影し、ポジフィルムにしました」(橋本さん)

撮影すると、微妙に線の細さが変わったり、角が丸くなったりする。それをポジフィルム上で修正して原字を完成させたのち、文字盤制作工程へと進んだ。文字に手を入れるのは原字部門のみで、それ以降の工程を担う部門では、文字そのものに触ることは決してなかった。

ポジフィルムを原字とする手法をとるようになったのは、1972年(昭和47)に写真植字機研究所から写研に社名を変更したころのことだったという。

「修正はいまでいうデザインカッターのような、小さな刃のついた修正刀で行うのですが、紙の場合、削ると毛羽立ってしまう。しかしフィルムなら毛羽立たず、修正しやすいんです。切ったり貼ったりという加工もしやすいので、途中からフィルム原字に変わりました」

ポジからネガへ

ポジフィルム原字が完成すると、これをレイアウトし、縮小撮影してネガ版をつくって、文字盤を制作する。文字盤とは、写植機にセットする文字のネガ版のことで、ガラスでその表裏をはさみこみ、枠で固定したものだ。写植機では、これに光を通して印画紙に文字を焼きつけ、印字していたのだ。つまり文字盤は、現代でいうデジタルフォントそのものといえるだろうか。

石井中明朝の文字盤(メインプレート)

撮影は、おおもとの原字との誤差が極限まで少なくなるよう行われた。書体デザインとあわせて、この写真技術の高さが、写研の文字品質を支えた肝だった。

写研の文字盤は、48mmの原字を文字盤の4.25mmに縮小する際、その誤差わずかプラスマイナス0.005というほど精度の高いものだった。この精度が低いと、文字がぼやけてしまったり、9級で打ったはずの文字が9.5級になってしまったりというようなことが起きる。

「精度の高さで製品の優劣が決まるわけですから、最終的にユーザーが自身の写植機で印字した際に、いかに原字との誤差が少ない文字を再現できる文字盤をつくるかが大切。1000分のいくつという単位にまでこだわって、製品をつくっていたわけです」

「しかし原字を描く人は、精度のことはそこまで考えず、感覚的に描きがちです。だから文字盤制作部門の人から、『直線と言っているのに、ちょっと上がっているんじゃないですか? もっと正確に描いてくださいよ』なんて TOYOTIRES トーヨー トランパス MPZ ミニバン TRANPATH サマータイヤ 205/55R17 MONZA Warwic ADESSER ホイールセット 4本 17 X 7 +50 5穴 100、よく苦言を呈されたものでした。文字の横線を水平だというと、向こうはゲージを当てて測って、水平じゃないという。でもぼくたち原字部門が水平をどうやって出すのかといったら、三角定規をT字型に当てて出すわけです。それはもう、必ず誤差が出ますよね」

「だけど文字盤制作部門の人たちは、線の始まり部分の幅は10なのに終わりは10.1になっているとか 、AさんとBさんでは書いた文字の太さが違うとか言う。そういう細かい検査を経て修正を重ね、ポジフィルム原字を仕上げて、文字盤の製作工程に入っていくのです」

1番目と500番目の文字の黒み違い

本連載の第21回「1000字の描き直しを越えて―ナール制作の舞台裏」でも触れたように、人が描く以上、描いているうちに原字が変わっていくという問題は ★送料無料★(一部離島等除く) 【30 ヴェルファイア トヨタモデリスタ】30 ヴェルファイア MC後 admiration for AERO BODY リヤスタイリングキット 素地、どうしても起きやすい。

「つねに基準12文字を目の前に置いて、それと見比べながら原字を描いていくんですが、その日の体調などによって、見比べる目がすごく鋭いときと、そうでもないときがある。だから、1番目につくった文字と500番目の文字とでは太さが違うということも起きてきて、ユーザーからクレームが入ることもありました」

そもそも書体制作には、「錯視の調整」が必要とされる。たとえば「山」という字の縦線を数値上すべて同じ太さで書くと、かえって同じ太さに見えないということが起きてくる。これを同じ太さに見えるようにするためには、数値で管理するだけではうまくいかないのだ。さらには DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 02 ウィンターマックス WM02 スタッドレス スタッドレスタイヤ 195/55R16 BLEST BAHNS TECH Jizelis FV ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +48 5穴 100、目視でOKでも、いざ文章を組んでみると文字によって太さが違った、ということも起きたのだった。

左は全部同じ線幅の「山」。真ん中の縦線は中央にあるはずだが、右に寄って見え、線幅も太く見える。右は真ん中の縦線と横線が少し細く、また、真ん中の縦線を若干左に寄せている。こうすると、見た目には真ん中に見える

「ぼくたちは一寸ノ巾の配列順に原字を描きますが、いざユーザーが写植で文章を打つとなったら、もちろんその順番通りになんて使われないですよね。1番目と500番目の漢字を組み合わせて熟語ができていたりする。ゲージで測りはしますが、最終的には目視での判断なので、文字によって誤差が出ることは避けられません。壁面に設置した透過光板に原字を貼り、離れた位置から客観的に原字を見るという監修を行うことで、デザインの統一を図りました」

 (つづく)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

石井中明朝の文字盤(メインプレート)
左は全部同じ線幅の「山」。真ん中の縦線は中央にあるはずだが、右に寄って見え、線幅も太く見える。右は真ん中の縦線と横線が少し細く、また、真ん中の縦線を若干左に寄せている。こうすると、見た目には真ん中に見える
関連記事

カレー沢薫の時流漂流 第40回

上から目線の失敗宣言で炎上した「就職氷河期」改名騒動

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第40回は、「就職氷河期世代」の“改名”について

日本政府が、「就職氷河期世代」の名称を「人生再設計第一世代」と変更して炎上したそうだ。

ただ、国のやることというのは「まず1回燃えろ。話はそれからだ」という印象があるため、山火事の中で行われるBBQの如く、他の炎上に比べて目立たない気がする。

就職氷河期世代というのは、バブル崩壊後に卒業期を迎えた30代半ばから40代半ばの人間、約1700万人を指し、この世代には現在も無職や非正規雇用が400万人弱いるといわれている。ちなみに私も、この400万人の中の1人だ。

私が現在無職なのは時代のせいかというと甚だ疑問であり、むしろ時代のせいにできる時期に社会人になって良かったとさえ思っているが、この時期に「時代が悪かった」せいで、就職を逃した人が多くいるのも事実である。

そういった背景があるにもかかわらず、「人生再設計第一世代」などと呼ぶのは、まるで本人がボンクラだったせいで就職を逃し、人生失敗したみたいではないか、と大いに燃えた次第である。

氷河期世代には私が含まれているので、ボンクラの数は0ではないが、おそらく残り399万9999人は、能力があるのに時代のせいで就職できなかった人であろうから、あらぬ誤解を与えるネーミングなのは確かだ。

政府の「テコ入れ」改名、その目的は

そもそも何故、

205/70R15 96H HIFLY ハイフライ HF201 エイチエフ ニイマルイチ G.speed G-04 Gスピード G-04 サマータイヤホイール4本セット

タイヤ詳細


タイヤ名 HIFLY HF201
サイズ 205/70R15 96H
備考 【製造国】中国
ホイール詳細


ホイール名 G.speed G-04
Gスピード G-04
サイズ 15インチ 6.0J 5H P.C.D 114.3 インセット 43/53
15インチ 6.0J 5H P.C.D 100 インセット 43
■付属品 センターキャップ・エアバルブ
カラー メタリックブラック
適合車種
タイヤサイズ : 205/70R15 の適合参考車種
・掲載の車種は、純正タイヤサイズと一般的なインチアップサイズに基づいたデータです。
・車両の年式・型式・グレードなどにより装着サイズが異なる場合があります。
・記載のある車種でもホイールサイズ設定により適合しない場合があります。
トヨタ 【5H P.C.D114.3】
キャミ(J122E/J102E)
ホンダ 【5H P.C.D114.3】
CR-V(RD1/RD2/RD4/RD5)
スバル 【5H P.C.D100】
フォレスター(SF5) ※純正16・17インチ車不可
ダイハツ 【5H P.C.D114.3】
テリオス(J122G/J102G)

、今になって名称を変えたのか。結成から20年以上経つのに全然売れないから芸名を変えたみたいな話か、というとあながち間違いではなく、テコ入れに際し名称を変えたという。

どういうテコを入れるかというと、セクシー路線で売るなどではなく、もちろんこの400万人を「定職につかせる」ことである。しかし、それを聞いても「何で名前変えたん」という思いは消えない。

恵まれない時代を懸命に生きてきたのに、「頑張ってるつもりか知らんけど、君それ失敗してるから、人生再設計しなさい」と上から言われたら怒るのは当然である。

だが、私が失敗していないかというと、かなり人生ミスった感が否めない。なので、言葉尻に激怒するのは48時間ぐらいにして、国がやり直しの機会をやると言うのなら、喜んでコンテニューしようと思う。

では実際に国主導で何をするかというと、まず地域のハローワーク、大学、職業訓練機関、経済団体が連携し、対象者の状況を把握し、計画、目標をたて、不安定就業者の数を減らしていくという。

つまり、まず役所がその地域にいる不安定労働者の数や現状を把握し、その数を減らすよう計画する、ということだ。数を減らすと言われると、一か所に集めて燃やされるのかと思ってしまうが、具体的には人生再設計に向けた専門のハローワーク部署・専門家を置き、人生再設計、就職等へのアドバイス等の伴走支援を行うとともに、人手不足産業への就職促進やICT等の能力開発等、出口一体型のリカレント教育を強化するという。

これは文章を長くして煙に巻こうとしているパターンではないかと勘ぐってしまうが、簡単に言えば「手に職をつけさせる」ということである。確かにスキルがなければ低賃金の仕事にしかつけず、職についたとしても貧困から抜け出せない場合も多い。

そもそも国が氷河期世代の就職支援に乗り出したのは、手取り11万でもいいからとにかく定職に就かせたという実績を作るためではない。非正規雇用でも、30代~40代の今は生活できているかもしれないが、数十年後、この400万人が一斉に生活保護のお世話になることを国は危惧しているのだ。そこで、今のうちに70歳を過ぎても働ける状態にしておこう、というのが今回の試みなのである。

「余白の美」が認められる社会になるか

しかし当事者としては、「俺たちが20代のうちに何とかする気はなかったのか」というのが本音だろう。たとえ職業訓練でスキルを身に着けても、40代で実務経験なしだと難色を示す所が多いのが現状だ。

また、情報をびっしり入れ過ぎるとダサく見えるから、いかに上手く「余白」を入れるか、というのはデザインの基礎中の基礎である。それにもかかわらず、こと「履歴書」だけは、余白期間があると「君の人生のデザインどうなってんの?」と面接官に難癖をつけられ、かといってアルバイト履歴を書いても「それは就職とは言えないよ(笑)」という地獄が展開されてしまう。年月が経ち、余白が広がる前になんとかすべきだったのだ。

とはいえそこは国も考えており、就業希望者にただスキルを身に着けさせるだけではない。企業側にも人生再設計世代の雇用を積極的するように働きかけ、いかに余白多めのオシャレなデザインの40代が来ても「君この期間何やってたの?」と意地悪を言って帰すんじゃない、と指導するかどうかはわからないが、対象者を雇用したとき企業側が受け取る助成金の条件を緩和したり、就職可能な期間を延ばしたりして、再設計世代が就職しやすくするという。

ちなみに就労先として、人材不足の職種と同時に「人手不足の地方」を挙げていることがまた反感を買っている。確かに、職を探している人にむけ「選ばなきゃ仕事あるでしょ」と言うのが乱暴なように「都会に仕事がなければ、地方に行けばいいじゃない」というのはマリーアントワネット的思考であり、「そう簡単に言ってくれるな」というところだろう。

しかし、何せ私も400万人の1人であり、良い中年だ。反抗期のように国のやることに逐一反発もしていてもしかたない。

人生100年なら、30代40代はまだ、ショタとロリだ。「遅すぎる」などと思わずに再設計を考えてみても良いのかも知れない。

関連記事
 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-783