>  > FUJITSUBO フジツボ Legalis K 450-30821 ミツビシ パジェロミニ ターボ H58A

« ドヴォルザークの弦楽四重奏曲 | Main | ヤナーチェク »

K ターボ パジェロミニ FUJITSUBO H58A ミツビシ FUJITSUBO 450-30821 フジツボ Legalis Legalis

CPO、あるいはマルコ・ポーロなどと言うレーベルのカタログを読んでいると チェイサー【JZX81】【90/8~93/2】ディクセルブレーキローター【SDTタイプ】フロント・リア1台分、とんでもない曲に出くわす時がある。

そのうちから、とんでもない、と言う意味で興味を惹かれるものを列挙。

■スッペの喜歌劇「モーツァルト」「シューベルト」
軽騎兵のような軽いノリで、モーツァルト・ナンバーを展開するてふのはどうにも想像できません。

■リムスキー=コルサコフの歌劇「モーツァルトとサリエリ」
これは英Chandosのカタログに載っているもの。

■スメタナの人形劇のための伴奏音楽「ファウスト博士」
「悩みのテーマ」が、バッハの「トッカータとフーガ」だそうです。
ディズニーの「ファンタジア」でのバッハの扱いも秀でたものと思いますが 、スメタナの方は、

FUJITSUBO フジツボ Legalis K 450-30821 ミツビシ パジェロミニ ターボ H58A

このハイパフォーマンスはKカーだけのために。
◆低回転域でのトルク特性向上と全回転域での出力向上を実現。FUJITSUBO独自のチューニングによるスポーティーエグゾーストサウンドを奏でる。

製品名 Legalis K
品番 450-30821
対応車種 H58A パジェロミニ ターボ
ボディ型式 : GF-H58A
エンジン型式 : 4A30
年式 : H10.10~H14.09

出口形状 94φラウンドストレート
パイプ径 45.0φ-50.8φ
最低地上高 ルーフ高1643mm(車検証1630mm)車で測定、テール部で285mm
付属品リスト
?ガスケットパッキン×1
?M8×35ボルト・SPW・ナットセット×2

、頓狂とでも言うべきものでしょう。
ただし、オーストリア=ハンガリー二重帝国治下のチェコ(ボヘミア王国)にあっては、公には禁止されているチェコ語を使うことができたのは ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX-RV サマータイヤ 195/65R15 HotStuff 軽量設計!G.speed G-01 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +43 5穴 100、人形芝居だけだったそうです。それ故に 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:セレナ(C26系)】HOT STUFF Gスピード P02 メタリックブラックポリッシュ 7.0Jx17プロクセス CF2 205/50R17、人形劇が発達し、現在の人形アニメ隆盛につながっているのですから、人形芝居と言えど端倪すべからざるものです。

また、スメタナ自身は、ドイツ語教育で育ったために、大人になってからチェコ語を習う、と言う状況であったそうです。


また、文学上描かれた曲にも DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 ENASAVE ミニバン サマータイヤ 205/70R15 WEDS ウェッズ ヴェルヴァ SPORT(スポルト)在庫 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +43 5穴 100、面白そうなものがあります。

■プルースト「失われた時を求めて」のヴァントゥイユのヴァイオリンソナタ
ヴァントゥイユのソナタは、セザール・フランクのヴァイオリン・ソナタを擬しているそうである。思いの他ありきたりで、ちょっと残念。自分勝手にマニャールなどを想像すれば良いのですが。

■トーマス・マンの「ファウスト博士」に現れるアードリアン・レーベルキューン作「ファウスト博士の嘆き」
マンの作中には、実在の人物としてオットー・クレンペラーと CUSCO (クスコ) リア ロワアームブッシュ(ピロ) 品番:404 464 IV マツダ ロードスター 型式:NA6CE 年式:1989.9~1998.1、エルネスト・アンセルメが登場する。彼らを時代の良心としてとらえていたのか、単なる初演魔だと思っていたのか、定かではない。レーベルキューンの音楽理論はアルノルト・シェーンベルクのそれを借りているそうですが、ドイツ帝国崩壊の中で、レーベルキューンの思い出を綴り続ける友人ツァイトブローム(時間の流れって意味ではないのかな?)は、むしろ尚古趣味であって、ヴィオラ・ダ・ガンバを弾いていたと記憶しております。

ファウスト博士と言うと、ブゾーニを思い出したりもしますが、未聴故コメントできません。

■E.T.A.ホフマンの「牡猫ムルの人生観」なるヨハネス・クライスラー作曲「ミサ曲」
J.クライスラーは作曲をするにあたって、ハイドンが神に祈りを捧げた話を引き合いに出します。これはハイドンが如何に尊敬されていたかを示すエピソードだと思います。近年ハイドン復活が叫ばれておりますが、私としても非常に嬉しい限りです。

E.T.A.ホフマン自身のピアノソナタも録音されているようなので、是非聞いてみたいと考えております。

シューマンのクライスレリアーナも気まぐれで時に熱狂的で、まさにマーラーの人物像にぴったり。非常に面白いものです。

牡猫ムルに出てくる一弦琴「トロムペッテ・マリネ」も聴いてみたい楽器のひとつです。トランペットみたいな音がする、と言う名前だと思うのですが、スメタナの弦楽四重奏でも、ヴィオラでトランペットを模した場所があるのですが、私には、弦楽器の音が金管楽器をなぞることができているようには思えず、音楽的約束事としか捉えられないのです。(ジョージ・セル編曲の管弦楽版と言うものもありますが)。


気になる向きは、例えば、www.naxos.co.jpをご覧あれ。文学史上の名曲はもちろんありません。

#ジャン=パウルの「巨人」(国書刊行会)は8,800円もするが、

FUJITSUBO フジツボ Legalis K 450-30821 ミツビシ パジェロミニ ターボ H58A

、読みたいなあ。